この川を境にして「郡地区」と「大江地区」に分かれている。ほかの地区は、山を越えると次の集落があらわれてくるといった具合だが、郡と大江だけは、ふたつの地区がつながっている。

Next Index

大江のお堂