scroll

さよならの汽笛を聞いたとき すべての旅人は語り部となる

あなたは、なぜ知夫里島に来たのだろうか。

隠岐でいちばん小さくて、船のアクセスもよいとは言えない。人口は約600人しかおらず、人よりも牛や狸のほうが多いと噂されるほど。しかし、だからこそ手つかずの大自然が残されているのが知夫里島。「赤壁」や「赤ハゲ山」は小さな島とは思えないほど、大きなスケールであなたを出迎えてくれる。しかし、この島に残されているのは「絶景」だけではないのである。

ぼくたちのガイドでは、まず「1周目」として「01→02→03→」と「90分の日帰りコース」でまわれる有名なスポットを紹介する。そして、さらに時間をかけて旅するための「2周目」として、知夫里に一歩、踏み込んだスポットも紹介したいと思う。

次のページの地図を開けば一目瞭然。その見所の多さに「もう1泊してじっくり知夫里を歩いてみよう」と思ってもらえたら、と夢見ている。

Index

全58項目
あいだに
知夫タクシーの仲野さん
郡のお堂
芝居小屋
知夫小中学校
知夫図書館の南家さん
郡と大江の境界線
大江のお堂
波打ち際のなごり
大江表の小庭松
ワカメ工場の徳田さん
岩ガキの養殖場
長尾鼻海水浴場
仁夫のお堂
大きなタブ
天佐志比古命神社 元宮
大山神社
後醍醐天皇上陸の跡
力士の墓石
謎の古墳が見える丘
仁夫里坊と宇類美坊
大山さん
猫ヶ岩屋古墳
棚田の跡
山道のタヌキさん
多沢のお堂
大般若経収蔵庫
知夫里島灯台
薄毛のお堂
前横よきの碑
毘沙門堂
お松橋
渡津神社
お松の碑
ゲートの向こう側へ
古海のバス停
古海のお堂
姫宮神社脇遺跡
姫宮神社
来居港
来居のお堂
願成寺
松養寺
小倉宮教尊王墓
文覚上人の墓
検校塚