昔は、来居港以外にも船の発着場所がたくさんあった。そのころの名残なのか、古海のバス停には「西ノ島のバスの時刻表」が貼ってある。また、知夫里にはつい最近まで図書館がなかったので、バス停が小さな図書館になっていたりする。

ぼくたちは、古海で寝泊まりしながら取材をしたが、夜の古海のバス停は銀河鉄道が迎えにきそうな気配に満ちていた。

Next Index

古海のお堂