神島から仁夫に渡った「天佐志比古命」という神様は、しばらくこの地に鎮座していた。その後、郡地区に移動して「一宮神社」でまつられるようになった。が、一宮神社を建て直すときなど、神様に移動していただく必要があるときは、この神社を一時的な仮住まいとする遷宮がおこなわれている。

Next Index

大山神社