天気次第ではあるが、この祠が向いている方向に「大山」の山影が見える。

名峰として知られる標高1729mの大山は、昔から牛や馬の放牧が盛んな地域である。知夫里でもその名前にあやかって「大山さん」と呼んで祠で祀っていた。

ちなみに、現在の知夫里島は島根県であるが、大山は鳥取県。知夫里の人が行き来する境港も鳥取県。古くから隠岐の島は「隠岐国」として独立していたこともあり、島根県人であるという感覚は今でも薄いと話す人もいた。

Next Index

名垣