浅草 江戸料理(音声なし)

¥ 120
Introduction

外食文化が生まれた浅草で、江戸料理を味わい尽くす

外食を「家庭外で食べる料理」と定義するなら、旅をするときに食べる料理はすべて外食だ。旅と外食は切っても切り離せない。

日本の料理屋の元祖は江戸時代にできた、浅草金龍山の奈良茶飯だとされている。
度々おこった大火で焼け野原となった町の復興や参覲交代のため、東京には多くの単身赴任の男が集まった。当時の江戸は「大火の江戸」といわれるほど火の元には用心を重ねていたため、家庭で料理をする人は少なく、外食が中心の生活。その中でも浅草は繁華街として遊郭や東京を代表する旬のおいしい食事が集まり栄えた。

約270年続いた大安の世。戦乱の世があけ、平和によってもたらされたのは一度きりの人生を楽しみ尽くそうという前向きで自由な精神であり、その結果としての食文化の発達であった。

浅草には創業200年近いお店が多数存在する。このガイドでは、日本食のはじまりとも言われる「江戸料理」を中心に、浅草を巡ろうと思う。旬のものをシンプルにおいしくいただく「江戸前」の文化を、外食発祥のこの地で味わって欲しい。

浅草 江戸料理(音声なし)を購入する

¥120で浅草 江戸料理(音声なし)のガイドを全てご利用いただくことができます。

Select language