scroll

妖怪はいるのか、いないのか。

妖怪はいるのか。いないのか。
このガイドは小豆島にある妖怪美術館をめぐりながら、その起源から現代の妖怪までに至る物語を紹介して、新しい妖怪像に迫るもの。

妖怪は、その起源を平安末期とすることも、
あるいは日本古代のアニミズム精神ということもできます。
畏れとして、慰めとして、あるいは文化、エンタメとしての妖怪。
妖怪とはいったい何なのか?
それを、現代の妖怪が世界中より800体以上も集まる小豆島で皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

このガイドとともに妖怪美術館を体験したあとでは、まるで世界旅行をした田舎の学生が成田空港からそのまま故郷に戻ったときに、これまで見えていた景色がまったく違って見えるような、そんな妖怪に対する発見があるはずです。

Index

全23項目
01. 見えなきものたち
02. 自然災害と妖怪、そして私
03. 描かれるようになった妖怪
04. 娯楽としての妖怪
08. 民俗学者の柳田國男
10. 小豆島に集まる妖怪
14. 平成妖怪図鑑 IT・SNS
15. 平成妖怪図鑑 放射能
16. 平成妖怪図鑑 経済
17. 平成妖怪図鑑 働きかた
20. 妖怪としての柳生忠平
21. 妖怪はあなたの中にいる
22. あなたの内側への旅へ